その他 : 鹿児島大会組織委員会・九州地域放射線技師会合同企画(報告)
投稿者: 管理者 投稿日時: 2009-9-13 9:00:00 (663 ヒット)

鹿児島大会組織委員会・九州地域放射線技師会合同企画
「安心できる放射線診療を提供するために―医療被ばく低減施設に学ぶ―」
シンポジュウム報告 九州中央病院 篠原久男

診療放射線技師の責務として、医療被ばく低減に積極的に取り組まなくてはならない。現在、(社)日本放射線技師会では、医療低減施設認定事業を行っている。全国12施設で認定を受けているが、それらの施設の取り組みは、私たちの規範となっている。今回、九州地域で施設認定を取得している3施設(社会医療法人泉和会 千代田病院、独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター、独立行政法人国立病院機構 鹿児島医療センター)の発表から大いなる指針を得た。
続きをクリックしてください

まず、秋鷹氏より一般撮影を中心として医療被ばく低減施設認定を取得するに当たり、従来までの撮影線量評価や種々のマニュアルの見直しを行うことによる効用について発表があった。被ばく線量計算ソフトを活用し表面吸収線量と組織・臓器線量把握をおこない、線量評価にはNDD法を用い日本放射線技師会ガイドラインと比較された。このことにより、撮影条件や機器管理も再認識された。被ばく相談・安全対策マニュアルや掲示物の整備を行われた。また、レントゲン手帳運用検査や医療被ばくについての掲示の再検討を行い、被ばく相談マニュアルの策定と相談窓口の体系化を整備もなされた。医療被ばく相談においては、質問者の話を聞き、何を問題としているか把握することから始まり、担当者の説明で納得されないときは、専門家としての診療放射線技師を特定し窓口としている。
これらの取り組みにより、診療放射線技師の啓蒙と意識向上に有効なものであるとともに、他の医療従事者へも診療放射線技師の取り組みを知らしめることに有用と分かった。

 続いて、大浦氏より医療被ばく低減施設を申請から認定されるまでの経緯の中で、CT検査を中心とした発表があった。審査手順は自己評価を行い申請し、訪問審査受けた後、評価を受けて認定となる。各モダリティの正当化・最適化を検討検証し、防護の最適化に取り組み自己調査票を作成する。その中で、医療被ばく低減へは安全の定期的講習会開催を行うことや、患者さんへの適切な対応、検査・被ばくのマニュアル化、放射線防護慣例法令の厳守することを確認する。従事者の個人被ばく線量管理報告を個人へ報告を行う改善がなされた。最初に申請では不合格であったために、訪問審査は良い評価であったが、自己評価が適切でなく甘いものであったと評価し、原因の検討と修正が行われた。CTにおいて、被ばく線量管理としてCT線量の実測では、線量測定・ファントム・線量計を再考し、CTの臓器別線量評価では、線量計算ソフトIMPACTを用いその使用法を再度研修後、適切評価を行った。また、放射線管理士・放射線機器管理士による適切な管理体制の構築を行われた。2005年8月から2007年3月までの間に5度の提出を行い認定されたが、その寝ず要取り組みには、頭が下がる思いであった。認定プレートは放射線受付に掲示するなどし、対外的にも成果を知らしめている。また、近年のCT装置の検出器の多列化に伴い、社会的要求は画質や被ばくに対する評価も変化していることにも、装置の変化に追随し管理・評価が必要と言及された。医療被ばく低減施設を申請には、施設の取り組みのみならず、地域での協力体制を確立することが、事業推進のためには必要と感じたと、今後の取り組みの課題を挙げていただき有意義であった。

続いて、宮島氏よりIVRにおける放射線防護に最適化への取り組みへの発表があった。IVRにおいては、皮ふ表面線量が皮膚障害の確定的影響を引き起こす可能性があり、その管理と評価を適切に行い、被ばく低減に向けた取り組みが診療放射線技師に課された大きな責務となっている。皮ふ線量の評価には、線質の変化や検出器と被写体間距離の変化
もあり、適切な評価が必要である。その中で簡易的な求め方でかつ線量と範囲の記載が必要であり、情報での運用も求められていた。その取り組みの中で、撮影方向別の入射皮ふ表面線量を推定し、最大被ばく部位を記録する被ばくレポーティングシステムを開発し、診療科への適切な情報提供に取り組んでいる。レポーティングシステムの精度を検証し、有用性を確認したうえで、診療側との討議の上被ばく低減へ取り組みとして効果を上げているようだ。医師と診療放射線技師の協議により取り決めたガイドラインを示し、対処基準の明確化にしていることは、啓蒙効果と適切な対処への取り組みを行っていることは、
報告で手技を変えるなど診療側の医師にも好評に受け入れられていることは特筆すべきことだろう。

最後、三樹氏より患者さんよりの被ばく相談への携わりを豊富な経験に基づいて分析と、適切なカウンセリング方法について発表があった。相談内容や求める情報はさまざまであり、不安になった原因を話していただくことが重要であった。放射線に対してはネガティブイメージがまずある。これは医療従事者であっても同様であり、そのような原爆や原発事故などによる被爆と医療被ばくの差を正確に理解できないでいる。この様なわかりにくさが不安解消の障害となっている。一方的な数値の説明などではなく、相談者の抱えている問題や不安を聞きながら根気よく誤解を解くことが重要である。この理解の上に対処しなくてはならないが、その為には、職員教育への取り組みも重要であった。一般人 医療従事者に対するアプローチを明確に認識することし、話しやすい態度で聞くことと、説明には自信を持って対処する姿が、放射線技師の責務であると再認識できた。

今回のシンポジュームの意義をまとめるならば次のように言える。チーム医療の中で放射線技師でもよいことに取り組む積極性は必要なことであるが、放射線技師しかできないものである医療被ばく管理には、動態的にメッセージを発することは重要である。誰に向けたメッセージなのかを十分に意識し、何を知りたいのか適切に判断しなくてはいけない。また、個人ではなく組織として、社会へのメッセージを発していかなくてはいけない。今後、医療被ばく低減施設認定への取り組みは、施設状況も考慮しモダリティごとに取り組みからは始めることを推奨し、地域の協力体制は不可欠であると思われた。
今回のシンポジュームが、診療放射線技師個人および施設での取り組みの第一歩のきっかけとなれ幸いである。最後に、今回ご尽力をいただいた関係各位に感謝を申し上げるとともに、非常に有意義な議論ができたことを報告する。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。